40代ダイエットスタート!-15kgをめざして

2016年8月1日から長期覚悟で-15kg減量プランをスタートさせました。現在身長160cm60kg。45kgまで落とします。身体の中も外も健康で美しくありたい。参考にしていただけるような記録になれば…

ダイエットに大切なことは「食べる習慣をただす」こと

昨日は久々に「焼肉」に出かけました。
やはりたまにいただくと、おいしいものだと思います。
身体の臓器の中で唯一腎臓だけがパッとしない数値なの
(ドックでB評価)
あまりタンパク質を多くとることは避けているのですが
(薄味派なので塩分はOK)
タンパク質を極端に避けることは却ってよくないかもしれません。

甘いものの誘惑は避けがたい

さて、ダイエットがスタートして10日が経ち、
やはり甘いものが欲しいなあ、という誘惑はあります。
特に自宅にいるので、いつでも食べられる状況です。

食べることって一番手っ取り早く幸福感が得られる方法
なのだそうですが、本当にそうなのでしょう。

ダイエットの大敵甘いものにどう対処するか

「こんなことで(太るもとで)気分だけ幸せになりたくない!」
という気持ちを持つことが大切と思うようにしています。

また、我慢しすぎず豆乳ティーオーレを甘くして飲む
(夫用の甘いアイスティーを入れて冷やしてあるので)
少しだけつまむくらいの行動はOKにしています。
実際おいしいですし。
疲れも取れて気分転換になります。

コントロールが効かなくなることだけは
(つまり反動で一気に食べる)
避けたいと考えています。

食べる習慣を考える


日々何気なく行う行動を「習慣」と呼ぶのなら
より良い習慣に変えていくことが
日々の暮らし、ひいては人生を変えていくことなのか、と。

食べる習慣はついつい「食欲」に負けた格好になるけれども
食べることは内蔵をどれだけフル回転させることなのかとか
食べたものの成分がどのように身体に働きかけるのかとか
もっともっと考えて判断する必要があるのです。

若いうちから身に付けておけばよかったのでしょうけれど
遅すぎるなんてことはないと自分を励ましております。

instgramのダイエッターたちの姿に刺激される

同じようにダイエットに励む
痩せるために努力している人たちの姿は
刺激になるし勉強になります。

体質も体形も年齢も異なる他の人たちと
比較するのは無意味だけれども
痩せて変化していく過程の写真を
見るのはやはり面白いです。

やっぱり食事と運動で人間の身体って
変わるものなんだなあと
やる気が出ます。

そして、惜しみなく知識を提供している
人たちが多いことにも驚きます。

例えば「gatemkei」さん。

www.instagram.com

お腹周りや二の腕等に効果的なトレーニングメニューはじめ
ダイエットの知識が盛りだくさん。

参考にしています!

1st 10days

2016/08/10

体重は58.5kg
体調はとてもよいです。
熱中症なのか?
やたらと体が熱くてちょいと頭痛がします。
冷やすと直るのですが。


さて、やせること急ぐわけではないけれど
目標がないとモチベーションが
上がりません。

目標としては以下の通り。

8月中に55~56kg

9月中に52~53kg

10月中に40kg台

2016年末までには45kg!


しっかり自分を見つめなおして
コントロールしていきます。

広告を非表示にする

あえて禁止項目を設けない

長年生きてきて、これほど大幅減量を意識することは
初めてのことだと今更ながら気づいています。

一番心掛けているのは今回の-15kgダイエット、大幅減量に、
「あえて禁止項目を設けない」
ということです。

「炭水化物は摂らない」とか「アルコールは禁止」とか
そういうセオリー通りのダイエット禁止事項は
かえってストレスになって反動が起きるだろうと
見込んでのことです。

ストイックな自分を追い込める人なら向いた
やり方なのでしょう。
けれども自分には危険な方法だと判断しました。

食事は1200kcalまでは摂るようにしよう
運動はこんなメニューをこうして続けていこう
記録は残しておいた方が後々役に立つかも

というようなスタンスの方が続けていけるし
何よりつらくない、と考えています。

今のところ体重はマイナス下降線を描いていて
心身ともにつらい思いはしていません。

  • 15kgダイエット、上々の滑り出しです。

基本運動メニュー

身体を意識して動かすこともダイエットに欠かせないし
そして、健康にもアンチエイジングにも
やはり運動は大切です。

引きこもり主婦なので、より一層定期的に
身体を動かすことは必要です。

基本的なメニュー下記のとおりです。
ハードに見えるかもしれませんが、他にほとんど
身体を動かすこともないのでこれくらいは。

基本運動メニュー

次のセットを3回繰り返します。

15分ステッパー
筋力トレーニング1セット


筋力トレーニングは一日おきに
メニューを変えます。

腹筋3種類×30回
腕立て伏せ3種類×15回

習慣にしている運動

「やるぞ」と気合をいれて実行するメニューのほかに
歯磨きの時にスクワットなど足を動かすように心がけたり
首が凝るので首周りのストレッチや肩甲骨ストレッチなど。



人間、3週間もすれば習慣になるようです。
まずは頑張ってみます。

広告を非表示にする

食事について

毎日の生活の中でのカロリー消費が高くないため
1日の消費カロリーは1200kcalが目標です。

モチベーションを保つためにも
暑いこの時期の食欲が落ちるタイミングに
ダイエット強化期間を設けます。


■基本的な食生活ルール

総カロリーは1200kcal(ただし一週間トータルで見た時の平均でOK)
甘いもの、アルコールは控える。週に一度はOK
野菜、発酵食品にお米(基本は3分つき)

■ダイエット実行時ルール

月に1,2回実行しようと思っているのが、
いわゆる脂肪燃焼スープダイエットです。
次の材料のスープを作って1週間メインに食べるというもの。


【材料】

玉葱 3個
ピーマン 1個
セロリ一本
キャベツ 半玉
トマト 4玉
コンソメ、塩、コショウ 適宜

【食べ方】

1日目:バナナ以外の全ての果物とスープ
2日目 :スープと野菜
3日目 :スープ、果物、野菜
4日目 :スープとバナナ三本
5日目 :肉、トマト、スープ
6日目 :牛肉、野菜、スープ
7日目 :玄米、スープ

広告を非表示にする

わたしが体重を15kg減らしたいと思う理由

このブログでは紹介文のとおり-15kgのダイエットに
挑戦するプロセスを記録したいと思っています。

30代の初めから少しずつ太り始め
都度リカバリーしてみるものの
少しずつ体型の変化に鈍感になり
今年ついに160㎝60kgになりました。


さて、20代の45kgに戻してみたらどうなるのか?

こころとからだ、両方の変化を記録していくと
面白いだろうし、そのために必要な行動を取捨選択して
効果を確認しておくことも後々役立つかもと思いました。


なぜダイエットしようと思うに至ったか

さて、自分の身体から15kgの重さの脂肪を取り去ろうと
思うに至ったわけですが、だからといって、
ダイエットを頑張って、痩せて、どうこうしようという
次のステップを見込んだ行動ではありません。

30代くらいまでは、休暇先であのワンピースが着たいから、
などなどモチベーションもありましたが、
今は特にそのような気持ちも動きません。

今でもファッションに興味がありますが

「好きな服を着こなしたい」

という気概がなくなっているのですね。
確かに、そのような気持ちがあったときには
体重が維持できていたわけなので
ファッションへの意識の高さは
体重維持には確かに効果があるのでしょう。

ワタシが痩せたいと願う理由は、
60kgもの重さの自分の身体が居心地が悪いから。

自分の居心地の良い身体の条件

では自分は痩せた身体でどうありたいのか
考えてみました。

洋服選びに苦労しないこと

クローゼットのどの洋服にも「似合う」と自信をもって
取り出せること。間違っても「入るかしら」などという
懸念が起きることなどあり得ない。

人と会うのが億劫にならないこと

15kg体重が変わると、確かに顔の印象は全く変わります。
痩せていたころのわたししか知らない人たちが
再会した時に見せる「えっ」という顔が結構ショック。

身体が軽くなること

当たり前ですが体重が減れば体が軽くなります。
今、恐ろしいことに私の足の裏は皮がむけやすくなりました。
夫は「支えきれないなんだよ」といって
暗い顔をします。これもたいがいショック。

痩せている自分の方が好き

洋服がさっと選べるから時間がかからなくて
だれと会うにも自信があって余裕があり
とにかく居心地の良い気分でいられるのは
痩せていた頃のおはなし。




やはり、痩せたほうがよさそうです。
どう考えても。